フリーランスは仕事をよく選んで

subpage01

フリーランスの魅力というのは仕事を選ぶことができるという点にあるのですが、実際には仕事を選んでいては仕事がなくなってしまうことも少なくありません。



だからといってなんでも引き受ければ良いのかというとそのようなことはなく、将来を考えて仕事を選ぶこともまた重要な事になってくるのです。



最初の頃は実績を作るために相場よりも安い金額で仕事を引き受けようと考えるものですが、そのようなやり方ばかりをしていると安く仕事を引き受けてくれる人間だと思われてしまって将来に悪い影響が出てしまうことになります。

単価が安くても引き受けなければならない状況というのもありますが、単価が安ければ引き受けるべきではない状況というのもたくさんありますから、その見極めをすることもフリーランスとしては重要なことになります。



また、苦手な仕事が舞い込んできた時に引き受けるべきかどうかの判断というのも重要なことであり苦手だからといって断っていると折角のチャンスを逃してしまうことになりますし、難しい仕事を引き受けて納期に間に合わないようなことがあっても大変です。
新しい分野を開拓するために苦手な仕事であっても引き受けることは大事ですが、できそうにないものは断る勇気も必要となります。
このようにフリーランスというのは、仕事をよく選ぶということも独立して生きていくためには重要な能力であり、フリーランスとして大事な仕事のひとつとなっているのです。