フリーランスはコミュニケーション能力が重要

subpage01

人とうまくやっていくのが苦手でフリーランスになりたいと考える人は多いものですが、フリーランスという仕事は人に雇われる立場よりもコミュニケーション能力が必要となる働き方です。
他の誰もができない特技があるという場合を除けば、自ら積極的に営業をかけなければ仕事を取ってくることはできませんし、優れた能力があったとしてもそれをアピールすることができなければやはり仕事が舞い込んでくることはありません。
サラリーマンをしていれば自らの意思に関係なく仕事をしなければなりませんが、フリーランスの場合には自らの意思でやりたくない仕事であってもしなければならないだけに、コミュニケーション能力というのが重要となってくるのです。



企業の中で周囲の人達とうまくやっていくことができなくても、仕事がなくなるということはありませんし収入が途絶えることはありません。



しかし、フリーランスという立場は仕事をくれる人たちとうまくやっていくことをできなければ、仕事がなくなってしまうという立場にあります。


嫌な仕事を引き受けるかどうかは本人次第となりますが、なんでも断っていては仕事を失ってしまうために結局のところはどのような仕事であっても引き受けなければならない状況となってしまうものです。


それだけに、フリーランスという働き方はサラリーマン以上に人付き合いをうまくやっていかなければならない働き方であるため、転身を考えている時にはよく理解をしておく必要があります。